ぽっちゃりタイプのソープ嬢

外回りの仕事をしていた時、1時間ちょっと時間に余裕ができたので、ストレス発散も兼ねてソープに行きました。たまたまソープ街が近い場所に行っていたこともあって、10分くらいで最寄りの駅に到着し、そのままスマホで調べたお店に突入しました。

時間がなかったので、おまかせでお願いすると、5分もしないうちに案内されました。カワイイ子に当たれ!と期待しながらプレイルームに入ると、そこにはぽっちゃりタイプの女性がいました。私は細身の女性が好きなので、正直言うとガッカリでした。しかし、30分後にはそのガッカリが満足感に変わったのです。

見た目は好みではないものの、トークが上手な彼女は、体を洗うのにも慣れていて、洗いながらフェラをしてくれたりするなど、かなりサービス精神旺盛なのです。しかも、偶然にも同郷ということが分かり、何だか親近感が湧いてきたのです。

完全に受け身派の私は、仰向けになって、彼女からの乳首舐めや手こきや玉舐めなどを堪能しました。そして口でゴムを装着されて、いよいよ挿入タイムです。ぽっちゃりさんとのエッチは初めてだったのですが、これが気持ち良すぎて驚きました。騎乗位で腰を振ると、何とも言えない密着感で、息子がぎゅーっと吸われているような感覚を味わいました。あまりに気持ちが良かったので、一度ストップしてもらい、そのまま世間話を数分してから再スタートしたのですが、休んだのもあまり意味がなかったようで、速攻でフィニッシュを迎えてしまいました。

世の男性には、デブ専やぽっちゃり専がいるとは聞いたことがありましたが、なるほどそういうことか!と思いました。たまには、ぽっちゃりタイプの女性とするのも良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です